インプラント

歯が抜けてしまい、モノが噛めなくなるということは古くから人々の深刻な悩みのひとつでした。
どんなに入れ歯が発達しても、やはり自分の歯と同じようには使えないのが現状というところです。
このような問題をかかえる患者様のために、当院では効果的な治療法のひとつとしてインプラント治療を提案しております。
インプラントは歯を1本失った症例から全ての歯を失ってしまった症例まで、あらゆる歯牙欠損に対応可能な優れた治療選択肢です。
このページではインプラントによる治療例を皆様にご紹介したいと思います。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え、あごの骨としっかり固定させた後、その上に人工の歯を装着させたものです。これにより取り外しの入れ歯の不快感がなくなり、天然歯と同等の力で噛むことが可能となる画期的な歯の治療法です。

インプラントの治療症例

下顎複数歯欠損症例・・・二回法インプラント“Screw-Vent”使用

患者様は50代の男性の方です。
長年親知らずを利用したブリッジがはいっていたのですが、親知らずに炎症が起きてしまい痛みがでたので、寿命と判断し抜歯しました。
そのため、(患者様にとっての)左下の奥歯が2本分抜けてしまった状態になっております。

≪治療前≫

≪治療前≫

このように片方の奥歯だけ抜けた状態だと入れ歯では噛み方が不安定になってしまうことが多いので、インプラントによる治療をお勧めしました。

≪治療後≫

≪治療後≫

インプラントアバットメントに、クラウンを装着したところです。
機能的にも審美的にも、失われた歯牙の回復ができました。
今後はインプラントを長持ちさせるためにブラッシング指導と定期的なメインテナンスに通っていただくことになります。

上顎前歯単独歯欠損症例・・・1回法インプラント“Swiss Plus”使用

この患者様は20代の女性の方です。
外傷が原因でやむを得ず上の真ん中の前歯を1本抜歯せざるを得ませんでした。 通常このような状態ですと、両隣の歯を削って土台にして失った歯の部分を補って支える「ブリッジ」と呼ばれる冠で修復していきます。
この場合は保険適応ですし治療回数も少なくてすむのですが、最大の欠点は1本の歯を補うのに健康な歯を数本犠牲にして削らなければならないということです。また出来上がりの冠も構造上複数の歯にまたがるものになりますのでどうしても術前とは使用感が異なります。
対してインプラントの場合は時間と費用はかかってしまいますが失った部位だけで治療が完結しますし、ほぼ自分の歯と同じ感覚で使っていただけるのが最大のメリットです。

余談ですが、やはりお若い方にとっては1本だけとはいえインプラント治療にかかる金額は大きなものになってしまうので、クレジットカードによる分割のお支払いをお勧めいたしました。
当院では保険適応外の治療はカード(VISAかMASTERのマークの入ったもの)を使用していただけますので、ご遠慮なさらずにご相談いただければ幸いです。

≪治療前≫

≪治療前≫

この患者様はブリッジとインプラント双方の利点と欠点をお話しましたところインプラントを選択なさいました。

≪治療後≫

≪治療後≫

写真は仮歯を患者様の口腔内に装着した状態です。
仮歯とは思えないほど自然な状態を再現できたかとおもいます。
この後は患者様の希望通り、前歯全体をホワイトニングで色調改善したうえで最終的な修復物の作成にかかります。